TOPコンテンツ一覧 >理由

理由

インプラント治療にはしっかりした顎骨が必要なため、歯周病などで歯槽骨が破壊されている人は、顎骨のほかの部分や、腰などから骨を移植して、人工歯根を埋め込む土台となる骨を構築する手術が必要となっているようです。初診から高額なインプラントや入れ歯を進める医師も、避けた方が無難だと思うのです。骨髄に含まれる幹細胞からの歯槽骨再生も一部で実用化されているようです。

インプラント人工歯根のメリット、デメリットインプラント人工歯根のメリットには、以下のようなものがある 天然歯のように顎の骨に固定するようですので、違和感がなく固いものを噛むことができるようになる 隣の歯を削る必要がなく、他の歯に負担をかけないようです。査がしっかりしていて、インフォームドコンセントがきちんとなされている歯科医は信用できるようです。インフォームドコンセントとは患者に治療のメリットとデメリットを解説し、患者の意志にそった治療法を選択することで、お互いが納得するまで治療にとりかかることはないようです。

見た目が天然歯に近いのです。 デメリットとしては 全身疾患がある場合には治療できない場合があるようです。 インプラントを維持するために、口腔衛生の管理と定期的な検診が必要となっているようです。 治療期間の長いインプラントは、通いやすさもポイントのひとつと言われているのです。不便な場所にあるという理由で、定期検診へいかなくなるようなことは避けたいものだと思うのです。

日本では健康保険の適用対象外であり、自由診療となるので多額の治療費がかかるようです。 インプラント人工歯根の歴史失った歯を材料で補う治療法は古くから行われてきているのです。上顎骨に鉄製のインプラントが埋まった紀元2世紀から3世紀の古代ローマ時代の人骨が発見されているようですので、このことはすでにインプラント治療が行われていたことを示しているようです。歯周病予防に詳しい歯科衛生士がいるといったことも、治療後のアフターケアが重要なインプラントにとっては大きなプラスの要素となっているようです。

著作権について

  • 当サイト[インプラント価格なび]内に掲載されている文章・画像等の著作権は、サイト運営者に帰属しています。
  • 文章や画像等の無断転載、複製・配布等は固くお断りいたします。
  • 当サイトからのリンク先で発生した賠償・苦情・損害等のトラブルについては、何ら責任を負いませんのでご了承ください。

当サイトについて

インプラント価格なびへようこそ!インプラント価格なびを運営していますmarimoです。

インプラントを考えている人は価格のことはとても気になると思います。私もまだまだ勉強中ですが、わかる範囲でいろいろ書いていこうと思っています。

コンテンツ一覧