TOPコンテンツ一覧 >負担

負担

インプラントは保険がきかないので、治療費は全額自分で負担することになっているようです。ただし、インプラントでも医療費控除という制度を受けることはできるようです。支払った医療費の一部が返還される制度ですので、是非とも利用するようにしましょう。勘違いしやすい点は、歯科大学などのインプラントを研究している歯科医療機関で手術してもらえば、割安・低価格でできるだろう。ということなのです。

インプラント治療は、まず人工歯根をあごの骨に埋め込むのです。手術の程度は、少し難しい親知らずを抜くレベルなので、慣れた歯科医師が行えば、数十分で終わるようです。次に人工歯根が骨と結合するまで期間をおき、しっかりと結合したら人工の歯を取り付けるのです。しかし、これについては一概にはそう言えないところも多いようです。お住まいの地域や歯科医院・歯科大学単位で大きく変わってしまうようですので、あてにしないほうが賢明となっているようです。現在、人工歯根の素材として使われているのは純チタンなのです。

この素材は、人間の体となじみやすく、あごの骨や歯ぐきの粘膜との適合性が高いという特長があるようです。また、イメージとは違い、かえって町の歯医者・歯科医院の方が最新設備をそろえていることも多いようです。また、インプラント自体をどの程度の期間保証しているかによってもインプラント1本の価格差は生じてくるようです。

人工歯根だけでなく、心臓のペースメーカーや関節の部品、骨伝導型補聴器に使用されていて、拒絶反応が少ない安全な素材として高く評価されているようです。インプラントの種類、1回法か、2回法か、その先生の経験実績、インプラントも今何十種類とあるようですやり方もさまざまとなっているようです。この前こられたかたは、1本70万だったと言われています。歯科治療を行うには、個々の患者さんの治療のゴールを明確に予測できる事が非常に大切になっているのです。つまり、治療の全体が把握でき、見通す力が求められるようです。

著作権について

  • 当サイト[インプラント価格なび]内に掲載されている文章・画像等の著作権は、サイト運営者に帰属しています。
  • 文章や画像等の無断転載、複製・配布等は固くお断りいたします。
  • 当サイトからのリンク先で発生した賠償・苦情・損害等のトラブルについては、何ら責任を負いませんのでご了承ください。

当サイトについて

インプラント価格なびへようこそ!インプラント価格なびを運営していますmarimoです。

インプラントを考えている人は価格のことはとても気になると思います。私もまだまだ勉強中ですが、わかる範囲でいろいろ書いていこうと思っています。

コンテンツ一覧